300ZX  The3rd @004

05.jpg
DSCN4910.jpg

純正ホイールに付いてるタイヤはボロボロなので、車検用に友人より譲ってもらったブリッツの17インチホイール。タイヤもバリ山だしバッチリでしょ(^_^)と、思ったら・・・・オフセットハは悪く無かったんだけど、ビックキャリパー対応ではなかったので、フロントはそのままでは付かない事が判明。・・・・・


そんな訳で手持ちのスぺーサーを使う事に。まずは25mm?うん、フェンダーにツラだしカッコ良い!! が・・・これじゃ車検で引っ掛るだろう(爆)車検用に付け換えるのに車検通らないんじゃ話にならない。んな訳で15mmと付け替えました? ま、良い感じでしょう。

DSCN4916.jpgDSCN4918.jpg








DSCN4915.jpg

タイヤを外したついでに見れる部分のチェック。
テンションロッドは距離なりに切れてますねぇ。
ショックのオイル漏れとかは見られないがダストブーツが切れてしまっているのは・・・
ブレーキはローターの錆が・・・バッドはリアが無いけどどうせ換えてしまうから良いか。

DSCN4913.jpgDSCN4911.jpgDSCN4912.jpgDSCN4914.jpg














前回判明したエアフロレス。先日廃車になったZ32があったのZ32からケースごと貰って来て取り付け。これでエンジンも完調!!

DSCN4921.jpgDSCN4920.jpgDSCN4923.jpg








動かないP/Wのチェック。ドアタワーのあるZ32は窓が動かないと内張りを剥がすのも一苦労。割らないようにタワーのカバーを浮かして隠れてる内張りのネジを外します。ま、ここさえ取れれば後はどうにでも・・・



DSCN4926.jpgDSCN4924.jpg








改めて内張りを見てみると、ドアポケットにマットが引いて無い!どうでも良いけど盲点だった。それと、内張りに付いてたスピーカーは要らないので配線からぶっちぎり。アンプ内蔵のリレーはカチカチいっていたので、スイッチは問題ないかな。なのでモーターのコネクターで直に電源チェック。こう言う時デジタルは良いねぇ。逆に流れるとマイナス表示になるから、そのままで上下の電気の流れが確認出来ます。

DSCN4945.jpg

外したレギュレーターとモーター。
マジで驚いたが外したレギュレーターは超初期のもので、アシストスプリングが弱いもの。ここに至まで交換されずにいたとは・・・・
俺が最初に乗ってたZ32でも1年で壊れたし。


DSCN4941.jpgDSCN4933.jpgDSCN4938.jpgDSCN4943.jpg














DSCN4932.jpg

余談ですが、この赤Zにはチタンキーが1本しかついて無かったので、スペアを作る為にキーナンバー調べます。基本的には運転席側のシリンダーに書いてあるんですが・・・写真の良く壊れる樹脂の部分ですねぇ。インストロアを外したらターボタイマーのサブハーネスが出て来ました(汗

オーディオは青Zから付け替え。てかねぇ、前オーナーはサブハーネス使わずにデッキ換えてたんですねぇ。全部ギボシで繋がってます
ついでに無線の配線もしてます

DSCN4936.jpg

フォグランプが片方切れていたのでバルブ交換。いかに流行りが青白い光だとしても、俺が好きなのはゴールドな輝きて、事で選んだのはBOSCHのイエロー。95W相当らしい。端子は合わないので加工してます


© 美龍 2018